浮気調査を頼むのが不安な方へ

弁護士が運営する探偵事務所なら安心 良心的な料金で調査してくれます

 

その探偵事務所は大丈夫? 浮気調査に関するトラブルが増加中

 

下記の数字を見てください。

 

 

これらは、国民生活センターに寄せられた探偵事務所に関する相談数です。年々、増加しており、今年も、昨年までを大きく上回るペースで相談件数が発生しています。

その大半が、「調査の内容が不十分」など、調査の品質についての不満、もしくは「高額な解約料を請求された」といった料金をめぐるトラブルとなっています。

 

<生活センターに寄せられた代表的な相談事例>

  • 見積もりとして提示された金額以上の請求がきた
  • 浮気調査を依頼したが、契約通りの調査を実施せず、抗議しても正当化する
  • 自分が知らないうちに、勝手に追加調査をされて、その費用が請求された
  • 調査をしていることが相手にバレて、別のトラブルが発生した
  • 浮気調査報告書の写真が暗く不鮮明で、妻の自分が見ても夫かどうかよくわからない
  • 最初の話にはなかった費用が、さまざまな費目で加算されて、合計が莫大な額になった
  • 成功報酬ということで契約したのに、調査が失敗したにもかかわらず、返金に応じない
  • サイトで知って地元の探偵と思って契約したのに、実は遠方からの出張で交通費を全額請求された
  • 契約書を交わさない。調査遂行責任も請求費用も口約束だけで不安
  • すでに報酬を払っているのに、報告書の提出もないまま、連絡が取れなくなった

 

依頼する前に、信頼性を確認出来ないという問題点

こういったトラブルの背景には、探偵事務所の信頼性について、本当の意味で事前に確認することが出来ないという事実があります。ホームページ上で、どんな良いことが書いてあったとしても、それが本当なのかどうか、確かめる方法はありません。

 

契約前に相談した時にも、耳障りの良いことしか聞かされず、いざ契約したら、全く話が違っていたということは珍しくありません。

 

普通だったら、こんなヒドイことをしたら、大問題になりますが、探偵事務所の場合、トラブルに遭った依頼者が、浮気調査を探偵に頼んだといった事実を他人に知られるのを避けるために、泣き寝入りするということも多く、あまり表沙汰になりません。

 

国民生活センターも、トラブルが起きた探偵事務所を名指しで公表するようなことはしないので、悪徳業者を事前に把握することは出来ません。そのため、自分で判断するしかないのですが、相手は、ある意味、騙すことのプロですから、見破るのも、そう簡単ではありません。

 

弁護士が運営する探偵事務所

そこでオススメなのが、響エージェントという探偵事務所です。その理由は、弁護士法人が運営母体となっていること。元々、響は東京・愛知・大阪・福岡の4カ所にオフィスを構える弁護士事務所であり、代表弁護士の西川が責任者となり、運営しているのが響エージェントです。

 

 

現役の弁護士が代表を務めている探偵事務所なので、安心です。また、実際の調査は警察OBを含めて、経験豊富な調査員が行うことになるので、調査力についても問題なしです。

 

調査報告書は響事務所の弁護士が監修するため、裁判で使用出来る内容にまとめてくれますし、離婚裁判の担当弁護士を務めもらうことも出来るので、訴訟ということを考えたうえでも安心です。

 

調査費用についても、良心的な料金で請け負ってもらえるので、それほど心配することはありません。問い合わせれば、見積もりを出してもらえますし、裁判を考えているのであれば、裁判費用や請求出来るであろう慰謝料の目安についても教えてもらうことも出来ます。

 

また、もし、あなたが他の探偵事務所や興信所とのトラブルを抱えているのであれば、こういったトラブルについて相談することも可能です。(運営母体の響弁護士事務所は、浮気調査に関するトラブル事案を、多数解決しています。)

 

事前の相談は無料で出来るので、ぜひ一度、話をしてみてください。

 

 

男女問題に強い弁護士が運営する探偵事務所
響エージェント

ページの先頭へ