携帯を持っている人の現在位置が分かるGPS機能。もともとは子供の防犯用に作られたものだったと思いますが、浮気が心配なパートナーに持たせて、随時位置を確認といったこともできます。よくテレビ番組で、恐妻家の芸能人がGPS機能付きの携帯電話を持たされているというような話が出てきますが、実際、浮気調査、防止のために携帯のGPS機能を利用するというのは無理があります。

 

GPS機能で浮気調査

 

GPSで位置を確認する時には、相手側の許可がその都度必要となるからです。相手が拒否したら、それで終わりです。拒否したのは怪しいと問い詰めても、相手がしらばっくれたら決定的な証拠にはならないですし、浮気の証拠集めをするうえで有力な情報を得ることはできません。

 

そもそも、GPS機能をつけることを拒否されたら終わりです。パートナーがGPS機能付きの携帯を持つことに同意するぐらいであれば、浮気の心配はないでしょう。逆に言えば、浮気をしようとしている人は、まず持たないということです。そういった意味で、あまり使える機能とは言えません。

 

また、万が一、パートナーが同意してくれて、『ここは怪しい』と思えるような事実が得られたとしても、GPS機能は位置が分かるだけなので、浮気の決定的証拠とはなりません。

 

たとえば、ホテルにいたことが分かっても、『商談でいた』、『1人で休憩していた』と言われれば、それで終わりです。

 

唯一役立つとすれば、行動の履歴を把握することで、浮気の現場を推測しやすくなるということでしょうか。プロに浮気調査を依頼するという時には、尾行調査をするうえでの有力情報となります。

 

GPS携帯は、浮気願望はあるけど、本気で踏み出すのは躊躇しているというようなパートナーに防止の意味で持たせるのは効果的だと思います。浮気の疑いがある人に対して効果的な機能ではないですね。

 

なお、セコムが防犯用にレンタルを行っているココセコムというGPSツールがあります。月額980円を支払えば、毎月10回まで、そのツールが存在する位置をGPSで確かめることが出来るツールです。ネットの専用画面上から、リアルタイムで測定結果を確認することが出来ます。

 

車などに忍び込ませて、パートナーの行動をチェックするという形で利用することが多いツールです。本来の使用目的とは違ってきますが、浮気の状況証拠を掴む時には有効です。探偵事務所がターゲットの行動を確認するために、使用することもあります。

 

下記ページにココセコムについて詳しくまとめてありますので、気になる人はお読みください。

  • ココセコムで浮気の証拠集め
  •  

    浮気調査用にもう一つ携帯・スマホを契約する

    最後に、携帯やスマホを使った裏技をご紹介します。裏技というほどではないのですが、聞いて初めて気付く盲点となるやりかたです。それは簡単、浮気調査用にもう一つ、携帯・スマホを用意するということです。

     

    携帯やスマホのGPS機能を使えば、位置を測定することが出来ます。スマホであれば、iPhoneのicloudのように、自分のiPhoneがどこにあるのか確認出来るアプリが幾らでもあるので、さらに簡単です。

     

    かといって、こういったアプリをパートナーのスマホにインストールするのは殆ど不可能です。今のスマホは、そう簡単にパスワードが破られないようになっていますし、ログインした日時を自動的に記録するようなアプリもあるので、こういったアプリを設定されていたら、盗み見したことがバレてしまいます。

     

    携帯のGPS機能も同様です。設定するために、その携帯をいじるのは大変なわけです。

     

    ・・・ということで、ここで発想を転換します。パートナーの携帯・スマホをいじるのが無理なのであれば、自分の携帯・スマホを使えばいいわけです。新規で契約するというのもアリです。さすがに新規でiPhoneを契約するというのは、お金がかかりすぎてしまいますが、格安スマホであれば、だいぶ費用を押さえることが出来ます。

     

    これを車などに設置しておけば、パートナーの動きを追うことが出来ます。案外、簡単に実践出来るGPS調査方法の一つとしてオススメします。