手帳や予定表をチェックすると、浮気の証拠が残っていることがあります。今は携帯やパソコン、電子手帳といったデジタル機器が主流となりましたが、デジタル機器はデータを残しやすいので、過去の証拠が、そのまま残っていたりします。

 

手帳で浮気チェック

 

書いたこと(入力したこと)を、残したままにしている人は案外少なくありません。几帳面な人の場合、何にどれくらいお金を使ったかといった記録すら付けている人もいます。浮気の疑いが出てきた時には、手帳は要チェック項目となります。

 

ただし、法的に浮気の証拠として認められるかどうかは微妙です。浮気相手との性的な関係を明確に証明出来るような内容でなければ通用しないのですが、手帳の内容から、そこまで立証することは難しいので、あくまでも現状確認のためと割り切ってください。

 

スマホや携帯を見ることは難しい

当たり前のことですが、スマホや携帯はパスワードロックがかかっており、パスワードが分からなければ、中を見ることが出来ません。浮気をしているような人であれば、そう簡単に妻や夫にバレるようなパスワードは設定していないので、ロックを破るのはかなり難しいです。

 

最近のスマホだと、指紋認証になっているので尚更です。さらにパスワードを解除した時間を自動的に記録するアプリ、パスワードが解除されると同時にカメラのシャッターが自動的に下りて自動的に写真を撮るアプリといった盗み見を防御するようなアプリが出ているので、仮にパスワードを解除出来たとしても、相手に感づかれてしまう可能性があります。

 

そのため、浮気の証拠を得る手段として利用するのは難しいです。むしろ、そんなことよりも相手を揺さぶる材料として利用することを考えたほうがいいです。

 

相手が気を抜いているような時に、『ちょっとスマホ貸して』とか、『見せて』と声をかけます。後ろめたいことをしている場合、たいてい焦ったり、挙動不審になります。怒る人もいます。

 

こんなふうに言動がおかしくなった時点で浮気の可能性が大ということになるので、あとは違う状況証拠を見つけることに専念しましょう。ある程度の確証を得られる証拠が出てきたら、興信所に本格的に浮気調査を依頼するのもアリです。

 

いずれにしても、スマホや携帯から浮気の証拠を得るのは、かなり難しくなっているので、あまりこだわらないことをオススメします。パートナーのガードも固くなりがちなので、他の証拠をみつけることを優先したほうがいいです。

 

このサイトでは、浮気の証拠の見つける様々な方法をまとめているので、是非参考にしてください。

  • 浮気のチェックポイント
  •  

    パソコンは狙い

    最後にスマホや携帯と比較すると、パソコンに関するガードは緩みがちです。パスワードも案外、分かりやすいもので設定していたりします。また、Windowsであれば、パスワードを数分で解析するこんな裏技もあります。
    http://gigazine.net/news/20070816_ophcrack/

     

    起動ディスクを作る必要があるので、別のパソコンが必要ですが、マンガ喫茶にあるパソコンでも十分なので、その気になれば用意するのは簡単です。これであれば、簡単にパスワードを判別することが出来ます。

     

    流石に、こういった方法は、よっぽどパソコンに詳しい人でないと知らないので、あなたのパートナーが普通のユーザーであれば、まず活用出来ます。

     

    パソコンに慣れていない人だと、ちょっと大変かもしれませんが、それほど難しいことではないので、試してみてください。なお、その気になれば幾らでも悪用出来てしまう方法でもあるので、その点は自己責任で注意してください。

     

    逆にいえば、デジタル系というのは、何らかの手段があるということで、ちょっと怖い話です。