探偵事務所に浮気調査を依頼するときの費用は、おおよそ下記のような相場となります。

 

調査期間 費用
3日間 10万円~26万円
5日間 18万円~32万円
7日間 25万円~38万円

 

使う機材や人員数、調査の内容によっても変わってきますが、最も大きな要因は調査期間です。調査期間が長ければ長いほど、費用は高額になります。出来る限り短期間で調査を終えられるように工夫することで費用を抑えることができますが、そのためには依頼者である、あなた自身の努力が必要です。

 

探偵が調査をしやすいように、出来る限りの予備情報(参考情報)を用意することです。浮気調査の根本となるのは現場を押さえることですが、パートナーの行動パターンが分かっていれば、プロであれば簡単に実行できます。それこそ1日で調査を完了させることも可能となってきます。

 

良心的な探偵事務所であれば、正式に依頼する前に費用を抑えるための手段(どんな予備情報が必要なのか等)を教えてくれます。遠慮なく確認するようにしましょう。ちなみに、この点で非協力な事務所はパスしたほうが賢明です。

 

成果報酬制度を設定している探偵事務所に依頼する

最近では、探偵事務所間の競争が激化しているため、より利用者の立場に立った料金プランを設定する事務所が多くなってきました。その最たるものが『成果報酬制度』です。浮気の証拠を見つけることが出来なかったら、調査料金は発生しないという制度で、大手事務所を中心に広がっているプランです。

 

浮気だと思って依頼したのだけれど、結果的に浮気ではなかったことが分かったというケースでも、調査費用は発生しません。そのため、成果報酬制度であれば、高い調査費用を払ったあげく、浮気の証拠が見つからなかったといった失敗を防ぐことが出来ると思われるがちです。

 

もちろん、こういった側面はあるのですが、実は成果保証制度には、もう一つ別の要素があります。それは、探偵事務所に浮気の証拠が見つかる可能性を事前に綿密にチェックしてもらえる制度であるということです。

 

探偵事務所の立場からすれば、実際に調査を行ったあげく、証拠をみつけることが出来なかったでは大赤字ですから、事前に証拠を押さえられる可能性を吟味します。もし、ここで証拠を押さえる見込みが立たなかったり、調査に時間がかかることが避けられず、成果報酬制度で設定している料金設定では採算が取れないと判断した場合には、成果報酬制度で調査を受けることはありません。

 

つまり、あなたが成果報酬制度での調査を依頼しようとしたにもかかわらず断られた場合、現状では、浮気の証拠が見つからない可能性が高いということです。

 

こういった時には、仮に通常料金で調査を依頼したとしても、長期間になり、費用がかさむ可能性や証拠を入手することに失敗する可能性が高いので、依頼するのは止めておいたほうがいいです。

 

こういった時には、成果保証制度で申し込むためには、どうすればいいのか質問するようにしてください。良心的な事務所であれば、自宅などであなたが出来ることを指示してくれます。(パートナーのこんな行動をチェックしてくださいといったことです。)

 

こうすることで、浮気の証拠を入手するために必要な状況証拠を集めることが出来れば、成果報酬でリスク無しで浮気調査を依頼することが出来ます。

 

この場合、労力はかかりますが、確実に無駄なお金を払うことが避けられます。依頼するからには、証拠をキチンと押さえなければ意味がないので、そのために必要な手間暇はいとわないようにしてください。